名古屋など愛知県でおすすめの優良外壁塗装業者 » 依頼する前に知っておきたい外壁塗装の基礎知識 » 【番外】自分の手で塗り直すには?

【番外】自分の手で塗り直すには?

ご自分でお家の外壁を塗り直す場合の注意点を紹介しています。

DIYで外壁塗装できるかな?

ペンキイメージ家周りのちょっとしたことをDIYで済ませてしまう方は少なからずいるでしょう。最近ではホームセンターに塗料コーナーがあって、素人でも簡単に始められる環境が出来ています。

家周りの塀やちょっとした箇所の塗り直しならば、DIYでも対応できるでしょうが家全体の外壁ともなると話が異なります。塗る面積が広いうえに高い所では安全のために足場を組む必要もあるので、お父さんがお休みの日に、というわけにはいきません。それでも最近では簡易的な足場をレンタルしてくれるところもありますので、気になる方は探してみてください。

またハケにもこだわりたいところ。安いものでは毛が抜けて塗装する表面に落ちてしまったり、筋が残ったりしてきれいに塗ることができません。そしてなによりも違うのは塗料の質。ホームセンターで売られているものと専門業者が使っている塗料では明確な違いがあります。一般的に家庭用塗料は耐久性の点で2~3年程度と言われています。

これに対して塗装業者が使う業務用塗料は、長ければ10年以上の耐久性があるものを使っているのです。実は塗料の缶に記載されている耐久年数は、プロがきちっとした手順で塗料メーカーが定めた塗り方をした場合の年数ですので、素人が同じ塗料を使っても、塗り方や量が規定から外れていれば、意味をなさないというわけ。

つまりプロ未満の知識と技術で塗ってしまうと、塗料の性能が発揮できないだけでなく、外壁の寿命も縮めかねないという結果になるのです。

それでも自分で塗ってみたい方は、チャレンジするのみ。ただここでもいくつか注意事項があります。

外壁に塗料を塗る前には下地の処理が必要。実際、プロの外壁塗装業者はこの下地処理に注力するものです。なぜならここでのこだわり具合によって、全体の仕上がりや耐久性に差が出てしまうから。しっかりと下地の汚れを取り除いてから塗装するようにしましょう。

ただ費用を安くあげようと自分でDIYで外壁塗装をお考えなら、さらに一考してみてください。きちんと塗装しないと結局何度も塗り直すことになってしまい、労力や費用が業者に頼むよりも嵩んでしまうことにもつながりません。そもそも、短期間に何度も塗り直すことが外壁自体の寿命を下げることにもなります。

餅は餅屋、という言葉があるように、お家の外壁塗り替えはプロの塗装業者へお願いする方が良さそうです。

名古屋を中心に愛知県内の外壁塗装業者を紹介しています

ページの先頭へ戻る