名古屋など愛知県でおすすめの優良外壁塗装業者 » 外壁塗装に失敗しない2つのポイント【愛知編】 » 業者の選び方

業者の選び方

外壁塗装の工事を依頼する業者を選ぶポイントを紹介しています。

愛知県の外壁塗装の費用相場

まず、愛知県内で外壁塗装の工事を依頼した場合、どのくらい費用がかかるものなのかを調べました。外壁塗装はたとえ、延べ床面積が同じ建物であっても、塗装面積や塗料の種類によって価格が変わるので、一概には値段を提示できません。

おおよそ一般的な工事をすると、いくら安くても100万円前後は必要となりそうです。この額は施工業者によっても変わってきますので、外壁塗装を考えている方には、少なくとも3社から見積もりを取ることをおすすめします。

見積もり書のこの部分は要チェック!

相見積もりを取ったら以下のポイントに注意して、見積書を見比べていきましょう。

足場・シート養生

通常は1m2あたりの価格と施工面積を積算して、金額が計算されています。作業する職人さんの安全や、周辺の建物への配慮という点からも、絶対に省けない項目です。

ですが中には「足場分サービス」として、足場や養生の設置・解体費用を無料にしているケースもありますが、その会社は要注意。どんな作業にも必要な「人件費」を削っている証拠なので、後々トラブルが起こる可能性があります。

洗浄

外壁と塗料がより着くようにするために、汚れを落とす必要があります。足場や養生費用と同様に、1m2あたりの単価と施工面積を積算されますが、中には「一式」と表記されることも。疑問はすぐに解消しましょう。

下地補修

壁材と壁材の隙間を埋めているコーキング材やサイディングのシーリングが劣化していた場合、古いものを除去して埋め直す作業が発生します。こちらも「一式」と表記されることが多いので、どの部分に補修が必要なのかを確認しましょう。

塗装

見積書の中で特に注目すべきはこの項目。特に悪徳業者は安く見せるために「塗装一式 ○○万円」や「○○塗料 塗装面積●m2」など内訳が分からないように表記していることが多くあります。

使われる塗料の種類やメーカー、詳細な塗装面積、塗りの回数など、それぞれの工程について詳細に記載している業者を選ぶようにしましょう。

諸経費

塗装の作業を進めるうえで、どうしても出てしまう廃棄物(塗料の缶や養生資材の切れ端など)の処分費や業者が加入する保険、職人の交通費などがこの項目に含まれます。

中には「現場作業管理費」や「安全対策費用」といった、なぜ必要なのかが一見して分からないものが入っている場合、余計なコストをかけている業者の可能性があるので、納得できるようにしっかりと説明してもらいましょう。

費用だけで選んじゃダメ!外壁塗装業者選びのポイント

外壁塗装は専門業者だけでなくハウスメーカーやリフォーム会社、工務店などが数多くの会社が手掛けています。中には契約を取るために無理な値引きをして、工事の後は知らんふりという悪徳業者がいるのも、残念ながら事実です。

そういった業者を避けるためにも相見積もりは必須。相見積もりを取ったうえで、上記のポイントを見比べて依頼する業者を選びましょう。値段だけを見せて契約を迫る業者は出来る限り排除し、安心して頼める業者を見つけてください。

名古屋を中心に愛知で定評のある外壁塗装業者を紹介しています

ページの先頭へ戻る